行政書士 西村法務事務所
 
 
  相続財産とは

人が亡くなると、その人が残した財産を親族が引き継ぎます。
これを「相続」と言います。
このとき、亡くなった人を「被相続人」、財産を受け継ぐ人を「相続人」と言います。

【相続財産にはプラスとマイナスがある】

相続財産と言っても、全てがプラスの財産(積極財産)というわけではありません。
中には、借金などマイナスの財産(消極財産)も存在するかも知れません。
相続では、原則としてプラスの財産もマイナスの財産も同時に引き継ぐことになります。

それでは、亡くなったお父さんが借金をしていれば、残された家族はその借金を返済しなければならないのでしょうか?
いえいえ、決してそんなことはありません。
マイナス財産が多い場合、3カ月以内であれば相続放棄限定承認などの手続きをすれば大丈夫です。

[プラスの財産]
現金
預金
不動産
有価証券(株式など)
絵画・貴金属
売掛金
など

[マイナスの財産]
借金
保証債務
買掛金
など



遺産分割協議書TOPに戻る




西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ