行政書士 西村法務事務所
 
 
  会社設立の資本金預け入れについて


昔は、会社を設立する際には必ず金融機関への資本金の預け入れを行い、法務局へ「資本金保管証明書」を提出する必要がありました。
また当然のことながら、その資本金は設立の手続きが全て終わるまで事実上「凍結」ということになりました。

しかし現在の会社法では、「資本金保管証明書」まで提出する必要はなく、個人の口座への「入金」または「振込み」をするだけになりました。

資本金預け入れの流れは以下のようになります。

@ 発起人さんの個人口座に、定款で定めた資本金を入金します。
  (既にその口座にあるお金を資本金として使いたい場合には、一旦引き出してから入金して下さい。)

A 発起人さんが複数いる場合は、他の発起人さんはその口座に対して自分の出資分を振り込みます。

B 資本金が全て揃ったら、通帳を記帳します。

C 以下のように通帳のコピー(3ページ)を取り、設立書類に綴じ込みます。



1ページ目 【表紙】


2ページ目 【口座情報ページ】


3ページ目 【出資した明細】


西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ