行政書士 西村法務事務所
 
 
  帰化に必要な除籍謄本の量が2015年から膨大になりました

帰化業務を取り扱っている他の事務所の先生方と話していて最近良く話題になるのが、ここ数年で帰化をするために必要な書類の量がより多く・内容はより複雑に・審査はより厳しくなってきたということです。
昨今の日韓関係が良ろしくないからなのか、コンプライアンス強化なのか、理由は不明ですがとにかく帰化の難易度が徐々に上がって来ているのは痛感しています。
ここ数年で特に大きな変化があったのはもちろん平成24年7月9日の改革ですが、その後も様々なローカルルールの改定があり、そしてついに平成27年2月頃にまた大きくハードルが上がることになりました。

それは、
ほぼ全ての帰化案件について韓国の除籍謄本が必要になったということです。
平成20年の韓国戸籍制度改革の頃ですと、基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書で親兄弟の関係性が分かる内容になっていれば、それ以上の韓国書類を求められるケースはあまりありませんでした。
それが平成23年1月には入養関係証明書・親養子入養関係証明書まで求められるようになり、ついに平成27年2月にはかなり昔の除籍謄本まで遡って提出しなければならなくなりました。

いつ頃の除籍謄本まで遡ればいいかについては、各地方法務局の担当官の判断になりますが、直近のもの(韓国戸籍制度が改正された平成20年1月1日時点のもの)だけで済むことは稀なようですので、相当の労力と時間がかかることを覚悟しなければなりません。
最悪の場合、お母さんが10歳の時点まで遡って求められることも十分あり得ます。
(つまり、お母さんが昭和30年生まれだとすると、昭和40年〜平成20年までの全ての除籍謄本が必要になる可能性があります)
今後、帰化申請の提出書類一式のボリュームは、1案件あたり80頁を下回ることは稀になりそうです。

今回の改正は、我々のように帰化業務を取り扱っている事務所に大きな衝撃をもたらしましたが、もっと深刻なのはプロのサポートを受けずにご自身の力で申請される方々です。
法務局が求める韓国書類を全てご自身で入手するには、韓国領事館や民団に行くなり本国に手紙を書くなりして入手しなければなりません。
その場合は必ずご両親の本籍地番を知っている必要がありますし、ご両親が婚姻前の(それぞれの実家の)除籍を請求しなければならなくなった場合には、それぞれの韓国戸籍地番と戸主名が分からなければ取り寄せは難しいので、かなりハードルが上がったと言わざるを得ません。。。

そして最後に、忘れてはいけないのが翻訳作業です。
これだけ資料の枚数が大量になりますと、翻訳作業も一苦労です。
翻訳しなければならない書類は、少ない方でも15頁程度、多い方だと60頁を越えて来ている状況です。

ちなみに当事務所では、帰化サポート以外にも韓国書類の取り寄せのみ・韓国語の翻訳のみのお手伝いもさせて頂いておりますので、そちらもご好評を頂いております。

最後に、最近の韓国書類の取り寄せ事例をご紹介します。
管轄がまちまちだと分かり辛いので、今回は大阪法務局のように[申請者の出生時以降のものが必要]というルールの管轄の事例に絞っています。

【事例1:Aさん26歳】

基本証明書 本人   
家族関係証明書 本人、父、母 
婚姻関係証明書 本人、父、母
入養関係証明書 本人
親養子関係証明書 本人  
除籍謄本 冊(4頁)
翻訳必要枚数 計13頁

[解説]
年齢がお若いこともありますが、奇跡的に韓国書類が少なくて済んだケースです。
ご本人さんが生まれる前にご両親が婚姻・分籍手続きをして新規戸籍を作り、その後も戸主相続や転籍などが一切無かったという最もシンプルな構成でした。
翻訳枚数も13頁にとどまっています。

【事例2:Bさん29歳】

基本証明書 本人   
家族関係証明書 本人、父、母
婚姻関係証明書 本人、父、母
入養関係証明書 本人
親養子関係証明書 本人  
除籍謄本 冊(5頁、11頁、9頁)
翻訳必要枚数 計34頁

[解説]
最もオーソドックスなケースです。
直近の除籍謄本はご本人さんが生まれた後にできたもので、ご両親の実家の除籍謄本それぞれ1冊ずつを取り寄せ計3冊になりました。
ご両親の実家の戸籍は2冊とも、ご本人さんの出生時以降に戸主相続や転籍などが一度も無かったのが幸いでした。
翻訳必要枚数は34頁、このあたりが最近では平均的な量でしょうか。

【事例3:Cさん42歳】

基本証明書 本人   
家族関係証明書 本人、父、母
婚姻関係証明書 本人、父、母
入養関係証明書 本人
親養子関係証明書 本人  
除籍謄本 6冊(7頁、10頁、8頁、14頁、13頁、9頁)
翻訳必要枚数 計70頁

[解説]
これぐらいの案件になると結構な労力ですが、平成27年2月新ルール以降の案件ではざらです。
直近除籍が1冊と、父方の除籍2冊、母方の除籍3冊が該当しました。
42年間で、父方の除籍は戸主相続が1回、母方の除籍は戸主相続1回に転籍が1回なのでこの冊数になっています。
翻訳枚数は70頁、42年前まで遡っているのである意味この量は妥当かも知れませんが、かなりの労力であることに間違いありません。


当事務所では、韓国書類の取り寄せ韓国語の翻訳(1ページ980円〜)のお手伝いもさせて頂いておりますので、ぜひご検討下さい。


【関連コラム】
平成24年7月9日の法改正で帰化が変わりました
平成27年の改正で除籍謄本が大量に求められる
帰化の面接(面談)について
年金未納と帰化
結婚と帰化のタイミング
在日韓国人と徴兵制度について
納税しなければ帰化できないのか
どれぐらい収入があれば帰化できるか
事業主の収入はどう計算する?
離婚後、元の名字に戻れるか?

 
 
 
帰化条件相談 とりあえず帰化ができるかどうか無料で判定してもらう
(ついでに料金も確認する)

 
帰化にかかる費用 帰化にかかる総費用を確認する
 
帰化無料相談 メールや電話で質問する
 
帰化サポートご依頼 帰化サポートを依頼する
 


帰化申請TOPに戻る




西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ