帰化申請に必要な韓国戸籍・除籍・家族関係証明の取寄せ、翻訳サービス  
 
 MENU
 
 
 

 良くある質問  


Q1.

帰化戸籍基本セットを依頼するための条件はありますか?
A1. お取寄せ・翻訳ができるのは韓国籍の書類のみです。
それ以外の国の書類は取り寄せ・翻訳ができません。
また、ご自身の本籍地(登録基準地)が事前に分かっている必要があります。

Q2.

本籍地(登録基準地)がわからないのですが・・・
A2. まずはご親族の方に聞いてみて下さい。
ご両親などが、昔の古い戸籍謄本などを保管しているようなケースが多いです。
特に、下記いずれかに該当する方は本籍地をご存知の場合が多いです。
@ 結婚したことがある人
A 帰化申請したことがある人
B パスポートを持っている人
ご親族の方に聞いて頂いても分からない場合は、本籍地を確認する方法をご覧下さい。
それでもどうしても本籍地が分からない方はお気軽にご相談下さい。

Q3.

他人の書類を取寄せてもらうことはできますか?
A3. 帰化戸籍基本セットのお申し込みは、
@ 帰化申請されるご本人さまからの直接依頼
A 帰化申請されるご本人さまの承諾を得た代理人
のどちらかに限らせて頂いておりますので、ご本人さまの意思なしでのお取り寄せは致しかねます。
また、帰化申請されるご本人さまの顔写真付き身分証明書のコピーをご提供頂いております。

Q4.

兄弟2人で帰化したいのですが。
A4. 帰化戸籍基本セットは、親子または兄弟姉妹の方であればまとめてお申し込みして頂けます。
費用は、お一人目が19,800円、お二人目以降は10,000円となります。

Q5.

費用は先払いになりますでしょうか?
A5. はい、帰化戸籍基本セットのお支払いは、先払いをお願いしております。
入金日が正式依頼日となりますので、その日からの着手となります。
また、カード決済によるお支払いやクレジット分割払い、商品券や切手によるお支払いにも応じさせて頂きます。

Q6.

期間はどれぐらいかかりますか?
A6. 正式にご依頼頂いてから書類発送までの日数は、翻訳日数を含め通常7〜8営業日が標準ですが、内容等によっては多少前後することもございます。
特にお急ぎの場合は、ご依頼時にその旨お知らせ下さい。
また、ご依頼頂いた本籍地に登録が存在しなかった場合は再取り寄せとなり、さらに期間を頂くことがあります。

Q7.

再取り寄せとなった場合の追加料金は?
A7. お取り寄せ希望の本籍地が間違っていた場合、あるいはその本籍地に登録がなかった場合は再取り寄せとなります。
再取り寄せは1回のみ無料サービスとなりますので、14日以内に再度正しい本籍地をお知らせ下さい。
2回目の調査でも該当が無かった場合、あるいは14日以内にご回答が頂けなかった場合は、費用の半額をご返金させて頂きます。

Q8.

韓国書類の取り寄せ・翻訳だけではなく、帰化をサポートして欲しい
A8. 当事務所では、帰化申請をトータルにサポートさせて頂くコースもご用意しております。
韓国書類取り寄せの過程で、途中から帰化申請サポートに切り替えることも可能です。

Q9.

ご依頼から書類が届くまでの流れを教えて下さい。
A9. 詳しくはこちらをご覧下さい。

Q10.

ご依頼はどのようにすればいいですか?
A10. 帰化戸籍基本セットのご依頼は、
1) メールフォーム
2) FAX送信
3) Eメール
お好きな方法をお選び頂けます。
お申し込みはこちらからお願いします。

Q11.

法務局に相談に行ったら、「除籍謄本は母の懐胎可能年齢までさかのぼって提出して下さい」と言われました。
A11. 除籍謄本をどれぐらい遡って提出しないといけないかというのは、法務局によって(あるいは担当官によって)まちまちです。例えば、
例1 とりあえずは直近の除籍だけでいい
例2 申請者が生まれた日以降全て必要
例3 母の懐胎可能年齢(10〜15歳頃)以降全て必要
などがあり、さらにやっかいなのがこのルールは地方法務局の単位で予告なく変更されるということです。

帰化戸籍基本セットの料金に含まれている除籍謄本は、「直近」のものになりますので、例えば上記の例2や例3のようなケースであれば、除籍謄本が追加で必要になる可能性があります。
ただ、その追加分が何冊になるのか、全部で何ページになるかは人によって全然違いますので、取ってみないとなんとも言えません。。。
法務局で事前にご相談をされて必要な除籍謄本の範囲が分かっている方の場合、帰化戸籍基本セットのご依頼時にその旨お伝え頂ければ、基本セットの取寄せと同時にご指定の期間まで除籍謄本の構成調査をしてみて、全体の冊数とページ数が分かりしだい追加の費用が合計いくらになるかを事前にお知らせし、その金額でOKであれば翻訳に着手するという方法もございます。

尚、追加になってしまった分の除籍謄本にかかる費用は以下の通りです。
[取寄せ] 除籍謄本1冊あたり ・・・ 6,800円(税別)
[翻訳] 除籍謄本1ページあたり ・・・ 1,150円(税別)
※手書きでかつ縦書きの翻訳は1ページあたり1,980円となります。

直近の(一番新しい)除籍謄本は帰化戸籍基本セットの料金に含まれております。

Q12.

国際結婚の婚姻届に必要な書類を取寄せて欲しい
A12. 在日韓国人の方が日本の市区役所に婚姻届を提出する際には、婚姻要件具備証明として韓国から様々な書類を取寄せ、翻訳もしなければなりません。
当事務所では、それらの書類をまとめて婚姻届出セットとして9,800円でご提供させて頂いております。
詳しくはこちら



 
帰化条件相談 サポートについて詳しく知りたい
 
帰化サポートご依頼 サポートの流れが知りたい
 
帰化無料相談 メールや電話で質問する
 
帰化にかかる費用 帰化戸籍基本セットを申し込む
 






西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ