このページについて

このページは、コロナ融資のうちセーフティネット・危機関連保証について詳しく解説しています。
融資の条件や手続きの流れの説明、専門家による手続き代行もさせて頂いております。

日本政策金融公庫のコロナ融資サポートもさせて頂いております。詳しくはこちら
※2つの制度を同時進行で申請することも可能です。

 コロナ融資の種類

令和2年3月、財務省は今般の新型コロナウイルスの影響を受け一時的に業績悪化をきたしている方(主に個人事業主・フリーランス・中小企業)を対象に、実質無利子・無担保・無保証人での資金繰り支援などを行うことになりました。
総額1.6兆円規模の金融措置になりました。

コロナ関連の融資制度には色々ありますが、個人事業主や中小企業の経営者の方がある程度の事業資金を借りるのに最も適しているのは主に以下の2つです。
① セーフティネット・危機関連保証のコロナ融資(このページで詳しく解説しています)
② 日本政策金融公庫のコロナ融資(こちらで詳しく解説しています)


当事務所では、上記2プランの融資手続きをサポートさせて頂いております。
1箇所では借り入れ額が足りない!という方は、両方申し込んで頂いてもOKです。

融資実行実績は9割以上
当事務所のコロナ融資サポートをご利用された方は、
9割以上が融資を勝ち取れられています
融資確率の高さに自信があるため、当事務所では万が一融資を受けられなかった場合の
依頼者様の金銭的負担はありません

融資額の平均は1,314万円
当事務所のコロナ融資サポートの融資実行額の平均値は、1,314万円です。(5/21現在)
ご自身で申請されるより多めに融資を受けたい!という方は、ぜひ当事務所のコロナ融資サポートをご利用下さい。
多めに融資を受ければ、資金と心にゆとりが出ると思いますよ。
※融資が受けられる額は、年商規模や利益額・現在の借入額や信用情報など、申請者の状況によります。

無担保・無保証人・無金利
担保・保証人・3年間の金利が不要なプランにお申込み頂けます。

書類の作成・提出、面談同行も!
ご自身で書類を作成された場合、ほとんどの方が書類の補正(不備による訂正など)を受けていらっしゃいます。
ただでさえコロナ融資は待ち期間が長いのに、不備による補正を受けることによって業務が進まず、
融資の時期がどんどん遅れてくるのはもちろんのこと、超多忙な審査担当者の仕事を増やし心象を悪くしてしまうケースも多々あります。
書類の作成・チェック・提出までプロにお任せ頂くことによって審査がスムーズに進み、期間も短縮できることでしょう。
また、当事務所では面談の同行もさせて頂いております。
面談当日の事前チェックや、質問に対するレクチャーを直接受けられるとご好評頂いております。
※面談の同行までしてくれる融資の認定支援機関はほとんどありません。

 セーフティーネット・危機関連保証とは

今般の新型コロナウイルス騒動により、現在日本ではセーフティーネット(突発的災害による悪影響を受けた事業者を救済する融資保証)が発動しています。
コロナウイルスの感染拡大は、まさに「突発的災害」というわけです。

これにより、信用保証協会があなたの保証人になり、今回融資された借り入れをもしあなたが返済できない事態に陥った場合でも、信用保証協会が代わって返済してくれるという非常にありがたい制度です。
実際にお金を貸してくれるのは銀行さんということになりますが、銀行さんからすれば最悪でも信用保証協会から取れるわけですから必ず回収できる債権ということになり、
セーフティーネット・危機関連保証を利用した借り入れに対しては非常に融資しやすいということになりますので、借りるあなたにとっても貸す銀行さんにとってもメリットがある制度ということです。

 融資を受ける条件

セーフティーネット・危機関連保証を使って融資を受けることが出来る方は、以下の条件を満たしている必要があります。

開業してから3カ月以上経過している方

開業1年と1カ月以上の方は、最近1カ月の売上が前年または前々年と比較して15%以上減少している方

開業1年と1カ月未満の方は、最近1カ月の売上が過去3カ月(当月含む)の平均と比較して15%以上減少している方

今後2カ月も、例年と比較して売上が15%以上減少する見込みの方

新型コロナの影響で当面必要となる運転資金又は設備投資が必要な方

確定申告をされている方(今年開業された方を除きます)

許認可が必要な業種(飲食店など)の場合、その許可を持っている方

尚、事業を営んでいない人(会社員など)はこの制度の
対象外になります。

融資が受けられるかどうかの確認はこちら

 融資限度額について

融資限度額は以下の通りです。

2億8000万
(金利3年間0円・保証料10年間0円の恩恵を受けられるのは上限3,000万円のみです)

既存の融資残高とは
別枠で借り入れすることが出来ます。

 金利・保証料について

セーフティーネット・危機関連保証を利用するには、金利とは別に信用保証協会への保証料が必要になります。

率は市区町村や銀行さんによってケースバイケースですが、
金利 ・・・ 0.6~0.9%程度
保証料 ・・・ 0.7~0.9%程度
となります。

但し、上記の金利や保証料は、地域によっては都道府県が負担してくれる場合があります。
例えば、
大阪府や兵庫県の場合ですと金利は3年間0円・保証料は10年間0円になる制度がございます。
当事務所経由で融資を受けられる場合は、その制度に関する手続きも込みになっておりますので、ぜひ融資サポートをご検討下さい。

 担保について

セーフティーネット・危機関連保証は原則として無担保・無保証人で融資を受けられます。

 借入の条件

セーフティーネット4号・危機関連保証は通常の融資とは違い、担保や自己資金の条件などはありません。

コロナの影響で一時的に業況が悪化しているものの、コロナ騒ぎが落ち着けばまた利益が出て借入金を返済できると認められれば融資を受けることができます。
今までよりも借り入れのハードルが低いのが特徴ですが、あくまでも融資ですのでもちろん借り入れには審査があります。
過去の数字や個人の信用情報などはしっかり審査されますので、申し込みをされる方はそのあたりを意識することが大切です。

税金納付状況はどうか?
信用情報(本人・会社・役員)はどうか?
今までの借金額と返済状況は?遅延や焦げ付きはなかったか?
将来の収支の見込みは?
確定申告をしているか?
公共料金や携帯料金に滞納は無いか?
適正な許認可(飲食店許可など)を持っているか?
など


融資が受けられるかどうかの確認はこちら

 手続きの流れ

セーフティーネット・危機関連保証の手続きの流れは以下の通りです。

① 認定申請書類一式の作成
セーフティーネット・危機関連保証を受けるためにはまず、市区町村に対して認定申請をしなければなりません。
ですのでまずは、市区町村の認定申請に必要な書類一式を作成します。
必要書類の種類・量・書式などは市区町村によって違います。

② 書類提出
上記の書類が全てまとまりましたら、市区町村へ提出しましょう。
※郵送での提出も可能です。

③ 融資相談
市区町村で発行された認定書を持って、融資を希望される金融機関の窓口で融資相談を受けます。
金融機関の選定ですが、普段取引きがある銀行さんに相談されるのが正攻法です。

④ 融資申し込み
融資相談の際に指示された書類を持って、融資の申し込みを行います。

⑤ 面談
しばらく待つと、融資担当から電話で面談の案内があります。
対面面談が基本ですが、状況によっては電話による簡易面談になる場合もあります。
追加で書類の提出を求められることもあります。

⑤ 融資実行
審査で融資の実行が決定された場合、借用証書など契約に必要な書類が送られてきますので、必要事項を記入して返送します。
金融機関での事務手続きが終わり次第、希望の口座へ送金されます。

上記のように、セーフティーネット・危機関連保証では市区町村の認定がある分手続きのステップが多くなっています。
融資申し込みを早くスムーズにしたい、融資実行の確率を上げたい保証料や3年間の金利を0にしたいとお考えの方は、融資サポートをご検討下さい。

尚、現在はどこの金融機関も申し込み殺到につき融資実行までかなりの期間を要します。
融資を希望される方は、お早目にお申込み下さい。

融資までにかかる期間は?

金融機関にもよりますが、現在では多くの金融機関で申し込みが殺到していて全ての処理が終わるまでかなりの期間を要しています。

融資を希望される方は、お早目にお申込み下さい。

 新型コロナ融資サポートについて

通常の融資よりもハードルが低いのが特徴なセーフティーネット・危機関連保証による融資ですが、審査を乗り切り融資を実行してもらう為には、申請方法や面談時の心構えにもある程度のコツが必要となります。

融資してもらえる確率を上げたい!
少しでも早めに融資して欲しい!
融資金額を希望借入額に少しでも近づけたい!
保証料と3年間の金利をゼロにしたい
という方は、ぜひ当事務所による新型コロナ融資サポートをご利用下さい。

融資の手続きに時間とメンタルを浪費するのではなく、そこはプロである我々にある程度任せ、ご自身は本業で今この苦しい時をどう乗り越えるのか、この状況が収まった時に今できることは何なのかに集中して頂きたいと考えています。

新型コロナ融資サポートでは主に、
申込書類一式の作成
提出代行
国税・地方税等の各種証明書の取得
金融機関から求められた各種資料のサポート
面談等のコンサルティング
をサポートさせて頂いております。

尚、現在はどこの金融機関も申し込み殺到につき融資実行までかなりの期間を要します。
融資を希望される方は、お早目にお申込み下さい。


融資が受けられるかどうかの確認はこちら

 サポート費用

当事務所では、新型コロナ関連でダメージを受けられている事業者の方の負担にならないよう、最低限の費用でサポートを受けて頂けるよう料金を設定しております。
また、
融資が実行されなかった場合には、ご依頼者様の負担は一切ありません。

【個人事業主の方】

① 着手金
35,000円
※万が一融資が実行されなかった場合には全額返金させて頂きます。

② 成功報酬
融資実行額の1.39%

※万が一融資が実行されなかった場合には
一切頂きません。

【法人】

① 着手金
45,000円
※万が一融資が実行されなかった場合には全額返金させて頂きます。

② 成功報酬
融資実行額の1.39%

※万が一融資が実行されなかった場合には
一切頂きません。

費用について詳しくはこちら

 お気軽にご連絡下さい


電話・メールで無料相談する


コロナ融資を受けられるか確認したい

コロナ融資サポートに申し込む

【関連ページ】