行政書士 西村法務事務所
 
 

 関連ページ
 TOP
 設立の流れ
 合資会社のメリット
 料金表
 お申し込みはこちら
 無料相談はこちら
 よくある質問
 事務所ご案内


合資会社のメリットについて

  費用が安い

専門家に依頼せずご自分で全て設立手続きをしたとしても、株式会社では25万円程度かかってしまいます。
合資会社ですと6万円強ですので初期費用が大幅に抑えられます。

  手続きが簡単

合資会社は設立時に定款認証などの面倒な手続きがなく、提出書類も少ないので非常に簡単・短期間で設立が可能です。

  取締役・監査役が不要

合資会社は取締役や監査役を置く必要はありません。
経営業務の執行は原則として経営者(無限責任社員)が行い、取締役の更新や、取締役会・株主総会の開催の必要もありませんから、運用が非常に楽です。
この点からもやはり小規模な会社向きと言えるでしょう。

  小さな会社にピッタリです

合資会社は夫婦や友達同士など小さな会社にピッタリの組織体であると言えます。
またSOHOやインターネットを利用した商売にも向いています。
理由は設立や運用が簡単でなおかつ安上がりだからです。

  社会的信用

一般的に、個人事業主よりも「法人」のほうが、社会的信用があります。
法人だと取引しやすい会社や、個人事業では相手にしない会社もあります。
また、融資という面でも有利です。

  累進課税ではない

個人事業である程度利益を出している人は、法人化すると節税になることが多いです。

  2期分の消費税が節約できる

資本金が1000万円未満の会社の場合、法人化して最大で2期分の消費税を非課税にできる場合がありますので、大幅な節税効果となることがあります。

  必要経費が認められる

個人事業の場合に比べ、交際費などの必要経費を税務署が認めてくれる範囲が広がります。

  政府管掌の社会保険に加入できる

これは意外と大きいです。

  許認可等で有利なことも

許可・認可などの種類によっては、法人であることを条件にしたものや、法人であれば取得しやすいものもあります。


合資会社


西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ