行政書士 西村法務事務所
 
 
 関連ページ
 TOP
 建設業許可の条件
 当所サポート内容
 料金表
 Q&A
 経営事項審査
 無料相談・ご依頼
 事務所ご案内


経営事項審査

  経営事項審査とは?

建設業の許可がおりたからといって、優良な業者であると認められたわけではありません。
あくまでも建設業者としての最低ラインを満たしているということに過ぎません。
例えば、国・公団・市などが発注する公共事業を請け負うためには必ず経営事項審査を受けている必要があります。

  公共工事を受注するために

公共工事を発注する国・公団・市などは、上記の経営事項審査の結果+独自の主観的事項を点数化し、その業者が安心して工事を任せられる業者かどうか判断しています。
これを入札資格審査といい、業者を「S・A・B・C・D」というように格付けしています。
つまり、この格付けがあれば公共工事の受注が見込めるわけで、格付けを上げるために経営事項審査の対策はたいへん重要となっています。

  経営事項審査の審査項目
経営事項審査では、以下の項目を総合的に評価しています。

X1 ・・・ 年間の完成工事高
X2 ・・・ 自己資本の額と従業員数
Y ・・・ 経営状況
Z ・・・ 技術職員の評点
W ・・・ その他

  経営事項審査の手続きは、専門家をご利用下さい
経営事項審査は手続きが複雑であり、また計算なども非常に複雑となっておりますので、手続きはぜひプロである我々にお任せ下さい。
また、経営事項審査の評点を短期計画・長期計画でアップできるようにコンサルティングも行います。
お気軽にご相談下さい。

※サービスの質を維持する為、サポートは兵庫県・大阪府の方に限定させていただいております。
どうぞご了承ください。



西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ