行政書士 西村法務事務所
 
 
  収入について

帰化のご相談内容で、収入についてのご質問は非常に多いです。
良くある質問内容としては、「収入はいくらあれば帰化できますか?」というものですが、このあたりは誤解されている方も多いようですので解説させて頂きます。
(専門家の方であっても誤解されている方もいますから、一般の方ですとなおさらだと思います。)

結論から先に言いますと、収入面で「○○円あれば大丈夫」という数字はありません。
手取りで30万円あっても不足とみなされる場合もありますし、10万円でもクリアする場合があります。

要するに、収入と支出のバランスが大事なのです。
この収支については、「生計の概要書」という書類に記載する訳ですが、ここでの収支に整合性があり、なおかつ添付している他の生計に関係する部分の書類(給与明細・源泉徴収票・確定申告書・各種の納税証明書・帰化用の履歴書など)ともしっかりつじつまが合っていなければなりません。

また、収入については帰化を申請されるご本人さんだけではなく、同居者全員(+同居していなくても収支を共にする親族など)の収入・支出を全て合算した数字で計算することになります。
生計要件は帰化の絶対的な条件ですから、書類集めを始める前から必ず押さえておきたいところです。
微妙な場合は、当所の無料相談をご利用下さい。こちらで簡単な計算をさせて頂きます。

【収入に含まれるもの】
給与(手取り額)、事業収入、年金、児童手当・子供手当て、仕送り、養育費など

【支出に含まれるもの】
食費、居住費、ローンの支払い、教育費、水道光熱費、雑費、仕送り、養育費など


なお、この収入に関する条件(生計要件)は条件によって緩和される場合があります。
詳しくは、帰化の条件をご覧下さい。



【関連コラム】
平成24年7月9日の法改正で帰化が変わりました
平成27年の改正で除籍謄本が大量に求められる
帰化の面接(面談)について
年金未納と帰化
結婚と帰化のタイミング
在日韓国人と徴兵制度について
納税しなければ帰化できないのか
どれぐらい収入があれば帰化できるか
事業主の収入はどう計算する?

離婚後、元の名字に戻れるか?
 
 
 
帰化条件相談 とりあえず帰化ができるかどうか無料で判定してもらう
(ついでに料金も確認する)

 
帰化にかかる費用 帰化にかかる総費用を確認する
 
帰化無料相談 メールや電話で質問する
 
帰化サポートご依頼 帰化サポートを依頼する
 


帰化申請TOPに戻る




西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ