行政書士 西村法務事務所
 
 
  事業主の収入について

帰化をするための条件として、生計要件というものがあります。
(生計要件については前回のコラムで解説しています。)
つまり、ご自信や親族の収入によって生活していくだけの収入があることを求められるわけです。(一部例外はあります。)

では一般の会社員さんのように毎月の収入が安定している人はともかく、収入がその月によって大きく変動するような事業主さんの場合はどうなるのでしょうか?

基本的には直近の(個人事業の方は去年の)確定申告の額から算出します。
例えば所得金額が240万円の場合、240万円÷12ケ月=20万円となり、平均月収は20万円という計算になります。
このとき、収入金額(売上金額)ではなく、必ず所得金額(手取り)から算出して下さい。

上記はあくまでも直近年度と現在で経営状況がさほど変化ない場合の算出方法です。
もし経営状況に変化がある場合は、最近数ヶ月の売上−支払い=収入と考え、その平均値をもってその人の収入と見られることが多いようです。
その場合は金額を証明する書類として帳簿関係の書類を求められる場合が多いです。

微妙な場合は、当所の無料相談をご利用下さい。こちらで簡単な計算をさせて頂きます。



【関連コラム】
平成24年7月9日の法改正で帰化が変わりました
平成27年の改正で除籍謄本が大量に求められる
帰化の面接(面談)について
年金未納と帰化
結婚と帰化のタイミング
在日韓国人と徴兵制度について
納税しなければ帰化できないのか
どれぐらい収入があれば帰化できるか
事業主の収入はどう計算する?

離婚後、元の名字に戻れるか?
 
 
 
帰化条件相談 とりあえず帰化ができるかどうか無料で判定してもらう
(ついでに料金も確認する)

 
帰化にかかる費用 帰化にかかる総費用を確認する
 
帰化無料相談 メールや電話で質問する
 
帰化サポートご依頼 帰化サポートを依頼する
 


帰化申請TOPに戻る




西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ