行政書士 西村法務事務所
 
 
  帰化後に離婚!姓(苗字)はどうなるか?

夫婦が離婚をした場合、旧姓に戻ることができる制度があることは、皆さんご存知だと思います。
これを「復氏」と言い、離婚後3カ月以内に届け出ることによって元の苗字に戻れるわけです。

元々日本人の方や、婚姻前に既に帰化をされている方にとっては非常に分かりやすい話だと思いますが、それでは婚姻後に帰化をされた方の場合はどうでしょうか。

当事務所へも、「離婚したら結婚前に使っていた通称名に戻れますか?」というご質問が良くあります。
結論から言いますと、Yesです。
婚姻後に帰化によって日本国籍を取得した方は、日本での元々の氏というものがありません。
元々ないものに戻れるわけはありませんから、離婚後の氏は自由に設定できる、ということになります。

好きな苗字を設定できるわけですから、この点だけで言うと元々日本人だった人よりも自由と言えるかも知れませんね。

なお、婚姻前に既に日本国籍を持っていた方は、婚姻前の苗字に復氏することが可能です。

最後にお子さんがいる場合ですが、これは通常の日本人の手続きと同様です。
例えばお母さんが親権者で子供をお母さんの戸籍に入れたいと言う場合、家庭裁判所においてお子さんの氏の変更手続きをすれば、お母さんと同じ名字で同じ戸籍に入れることができるわけです。



【関連コラム】
平成24年7月9日の法改正で帰化が変わりました
平成27年の改正で除籍謄本が大量に求められる
帰化の面接(面談)について
年金未納と帰化
結婚と帰化のタイミング
在日韓国人と徴兵制度について
納税しなければ帰化できないのか
どれぐらい収入があれば帰化できるか
事業主の収入はどう計算する?
離婚後、元の名字に戻れるか?

 
 
 
帰化条件相談 とりあえず帰化ができるかどうか無料で判定してもらう
(ついでに料金も確認する)

 
帰化にかかる費用 帰化にかかる総費用を確認する
 
帰化無料相談 メールや電話で質問する
 
帰化サポートご依頼 帰化サポートを依頼する
 


帰化申請TOPに戻る




西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ