行政書士 西村法務事務所
 
 
  帰化の面接(面談)について

1.帰化の面接(面談)で良く聞かれること

帰化サポートの依頼者の方から、帰化の面接(面談)について聞かれることは非常に多いです。
この面接では、個人情報保護の観点により、法律家の同席などは残念ながら許されないため、我々は助言をさせて頂くなど側面からのサポートしか行えません。
このサイトに情報をまとめておきますので、ご参考にして頂ければ幸いです。


2.帰化の面接(面談)の時期

帰化の面接(面談)が行われる時期は、法務局や担当官の忙しさ、または各申請の内容によって異なりますが、帰化申請が受理されてから2〜4カ月程度でオファーがあることが多いです。

3.帰化の面接(面談)の流れ

面接を受ける為に、申請者の方から法務局へアクションをする必要は特にありません。
帰化の正式受理がされてから、法務局の担当官が受理した膨大な書類を整理したり、前科等の照会をしたり、気になる部分をまとめたりするのに2〜4カ月かかりますので、それが終わるのを待つ形になります。
その作業が終わりしだい、担当官から面接のオファーが(通常は帰化申請書に書いてある携帯番号に)入るはずです。
そこで初めて面談日時を相談します。
また、追加書類の指示や追加質問がある場合もありますので、担当官の指示に従いましょう。

平日の昼間にお仕事をされている方の場合ですと、なかなかお休みが取れない方もいらっしゃいますが、面談のオファーがあってからあまり長く待たせ過ぎると、法務局の審査に支障が出る場合がありますので、できれば
オファーがあってから2週間以内に面接が受けられるよう仕事の都合を調整するのが望ましいと思います。
また、帰化申請の面接(面談)は15歳以上の申請者全員が受けることになりますので、学校に通ってらっしゃるお子さんなどは春休み・夏休みなどに面接時期が来るようにスケジュールできるのであればよりベターです。
この面接が終わると、いよいよ書類が東京の法務大臣の元に送られる流れとなります。


4.帰化の面接(面談)で良く聞かれることと注意点

帰化サポートのご依頼者様から「面接ではどんな事を聞かれますか?また、注意点があれば教えて下さい」と良くご質問を頂きますが、実はこれはどの質問よりも答えに困ってしまう質問なのです。
これから、いつも明確なお答えができていないことの言い訳をさせて頂きますので聞いて下さい(笑)
実は、「面接ではどんな事を聞かれますか?」という質問には答えがありません。
なぜなら、
帰化の面接(面談)で聞かれることは、個人個人全く違うからです。
法務局の担当官は、帰化申請書類を受理した後2〜4カ月は、書類の内容を整理したり、前科等の裏付け調査をしたり、確認したいと思う事項をまとめたりします。
場合によっては上級庁(各都道府県の本局や法務省の審査部門)から、確認内容について指示されることもあります。

また、各地域の法務局による方針の違いや、担当官の性格や考え方によっても質問内容は大きく変わります。
従って、「面接ではどんなことを聞かれますか?」という質問には答えが無いのです。
また、面接にかかる時間も人によってまちまちです。
15分であっさり終了される方もいれば、2時間以上かかったとおっしゃる方もいます。

ただ、「人によって違うんです!」だけではあまりにも冷たい回答となってしまいますので、過去に依頼者の方が良く質問されていた項目をいくつかご紹介させて頂きます。
父母や兄弟姉妹との身分関係のこと
仕事内容や今後の見込み
税金・年金の状況や今後の見込み
これから日本人として生きていくことや、日本に居住する意思の確認
借金も含め、現在の家計の状況や今後の見込み
配偶者と知り合ったきっかけや、前配偶者と別れた経緯
婚約者がいる場合は、今後の(結婚の)予定など
家族以外の同居人がいる場合の、家計や家事の分担など
過去に違法行為があればその経緯など
海外渡航の経歴・時期・期間
日本国籍が欲しい理由
など

その人が現在置かれている状況や過去が複雑であればあるほど、質問事項はより多く、面接時間はより長くなる傾向にあります。
あと、忘れてはいけないのが、提出した書類の整合性があるか(辻褄が合っているか)は非常に大切です。
辻褄が合っていなければいないほど、質問量も面接時間も多くなります。
ご自身で書類の収集・作成をされた場合、100ページ単位の書類全ての辻褄を合わせるのは大変です。
申請書類全体の辻褄を合わせるのも我々プロの仕事ですので、不安な方はぜひ帰化サポートをご検討下さい。


5.帰化の面接(面談)を乗り切るコツ

帰化の面接(面談)を乗り切るコツや対策があるとすれば、それは「素直に受け答えする」ということです。
「なんだ〜そんな事かよ」と思わないで下さい。これが基本で、最も大切なことです。
嘘や隠し事がバレたり、話の辻褄が合わなければ担当官の不審を買う結果となりますので、率直な受け答えを心がけましょう。


6.面談に呼ばれるのは誰か?

上にも少し書きましたが、帰化の面談に呼び出されるのは基本的に帰化申請者のうち15歳以上の人です。
また、最近は事実婚(同棲)をされている方も多いですが、そのような場合は
相手方も一緒に連れて来て下さいと言われる可能性は高いです。
逆に、婚姻関係のある方(日本人の夫や妻)については面談に呼ばれないことがほとんどですが、法務局の管轄やケースによっては同行を求められる場合もあります。
その他で言うと、申請者と経済的なつながりのある人物など、夫婦や同居者でなくても呼ばれる場合がレアケースですが存在します。

7.日本語のテストについて

日本で生まれ、日本で育ち、日本語がペラペラのいわゆる特別永住者の方は別として、他の在留資格をお持ちの方は日本語ができるかどうかのテストを受ける場合があります。
どういう場合にテストを受けさせられるか明確な決まりはありませんが、担当官が面談して「日本語能力が怪しい・・・」と感じればテストを受けさせられる可能性があるようです。
テストの難易度は小学校3〜4年生レベルと言われていますが、日本に来られてあまり年数が経っていない人にとっては意外と難しいようです。



【関連コラム】
平成24年7月9日の法改正で帰化が変わりました
平成27年の改正で除籍謄本が大量に求められる
帰化の面接(面談)について
年金未納と帰化
結婚と帰化のタイミング
在日韓国人と徴兵制度について
納税しなければ帰化できないのか
どれぐらい収入があれば帰化できるか
事業主の収入はどう計算する?
離婚後、元の名字に戻れるか?

 
 
 
帰化条件相談 とりあえず帰化ができるかどうか無料で判定してもらう
(ついでに料金も確認する)

 
帰化にかかる費用 帰化にかかる総費用を確認する
 
帰化無料相談 メールや電話で質問する
 
帰化サポートご依頼 帰化サポートを依頼する
 


帰化申請TOPに戻る




西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ