行政書士 西村法務事務所
 
 
  在日韓国人の徴兵義務について

最近インターネットを見ていると、「2012年から法律が変わって、在日韓国人の徴兵制度が義務化されるらしい」とか、「強制徴兵の召集に従わなければ財産を没収されるなどの厳しい罰則があるらしい」とか色々噂になっていますね。

真実はどうなんでしょうか。

例えば、ほとんどが日本生まれ・日本育ちの、言語も文化も思想も日本人寄りの人が多い在日の「特別永住者」を韓国軍に入隊させている映像を想像してみて、かなり違和感があるのは私だけでしょうか?

個人的には、まさか在日韓国人までも韓国軍の部隊にむりやり編入させるなんてことは有り得ないと思っています。

このあたりはかなりネット上の噂が先行しているイメージがありますので当事務所としての見解を解説させて頂きます。
なお、話が複雑になるのを避けるため、日本生まれの特別永住者の方の徴兵についてという前提でお話しさせて頂きます。

まず法律の改正についてですが、噂で言われている2012年1月に法改正があるという情報は、確かな情報源からは把握できていません。
先日、懇意にしている韓国領事館の担当者とたまたまその話題になりましたが、今のところそのような事実は聞いたことがないということでした。

ただ、実は在日韓国人の徴兵制度に関連する法律はすでに2011年の2月に改正になっています。
どうしても韓国国内で徴兵制度を逃れようとする人が多いようで、その対応策での法改正と言われています。
以下、簡単にまとめてみました。

【原則】
韓国の成人男性(18〜35歳)は、兵役の義務が課せられます。

【例外】
次の条件を満たす人は、兵役を免除されます。
@ 韓国以外の国で生まれた人
A 韓国国内で生まれたが、6歳〜18歳まで国外で成長した人
   (韓国での修学は3年以内なら許される)
B 本人が18歳になるまで、家族全員が永住権を取得している人

上記の通りですので、日本生まれ・日本育ちの特別永住者の方は通常ですと徴兵に怯える必要はないというのが当事務所の見解です。
また、韓国に留学などをしても、徴兵義務が発生することはありません。
但し、韓国へ永住帰国申告をする場合や、韓国国内に住民登録をする場合には、兵役の義務が課せられる場合があります。


【在日韓国人の方がすべきこと】
そうは言っても、徴兵の制度改革により以前より厳しくなった事は確かです。
兵役免除条件を満たしている人は今後も兵役義務はありませんが、帰化をすることなく在日韓国人であり続ける以上は、37歳になるまではパスポート更新の度に「兵役義務者国外旅行期間延長許可申請」をし続けなければいけないことになりました。


【選挙権について】
兵役の問題と常に同時に論じられてきた選挙権ですが、先に述べた法律の改正により、大統領選挙など一部の選挙についての参政権が、在日外国人にも認められるようになったようです。



【関連コラム】
平成24年7月9日の法改正で帰化が変わりました
平成27年の改正で除籍謄本が大量に求められる
帰化の面接(面談)について
年金未納と帰化
結婚と帰化のタイミング
在日韓国人と徴兵制度について
納税しなければ帰化できないのか
どれぐらい収入があれば帰化できるか
事業主の収入はどう計算する?
離婚後、元の名字に戻れるか?

 
 
 
帰化条件相談 とりあえず帰化ができるかどうか無料で判定してもらう
(ついでに料金も確認する)

 
帰化にかかる費用 帰化にかかる総費用を確認する
 
帰化無料相談 メールや電話で質問する
 
帰化サポートご依頼 帰化サポートを依頼する
 


帰化申請TOPに戻る




西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ