行政書士 西村法務事務所
 
 

無料相談

関連ページ
 古物商TOP
 古物商サポートについて
 ご利用の流れ
 ご依頼
 料金表
 Q&A
 古物の種類
 必要書類
 許可されない場合
 無料相談
 事務所ご案内


欠 格 要 件

  許可されない人はこんな人

以下のような方は、古物商許可を取得できません。
(法人の場合で以下の1〜4に該当する方が役員さんにいらっしゃる場合も同様です)

1. 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない(免責を受けていない)人
2. 禁固以上の実刑で処罰され、5年以上経過していない人
3. 特定の犯罪(背任、遺失物・占有離脱物横領、盗品等有償譲受け等)により罰金刑に処せられ、5年以上経過していない人
4. 現在執行猶予中の人
5. 住所不定者
6. 古物営業法違反(無許可、許可の不正取得、名義貸し、営業停止命令違反)で罰金刑を受けてから5年以上経過していない人
7. 古物営業の許可を取り消されてから5年以上経過していない人
8. 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者
(結婚している未成年者や、古物商の相続人は申請可能です)
   
その他、県営・市営住宅等を事務所にされる方は要注意です。
公営の賃貸では原則として事務所として使用することを承諾してもらえません。

また、中古車や中古車部品を取り扱う場合は、中古車を置くスペースが事前に確保されていることが条件となることがあります。

ネットなど一部の噂で「中古車を取り扱う場合は、3年以上の業務経験か同程度の知識・技術を持っていなければ古物の中古車商になれない」という人がいますが、これは誤りで、許可の条件ではありません。



無料相談  ご依頼の流れ  ご依頼

TOPへ



西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ