行政書士 西村法務事務所
 
 
サブページ
 韓国語書類TOP
 翻訳・取寄せ代行メリット
 お申し込みの流れ
 料金表
 Q&A
 見積依頼・お申し込み
 無料相談
 事務所ご案内


韓国の本籍地を確認する方法

日本にお住まいの方の場合、韓国籍の方でもご自身の韓国における本籍地(登録基準地)をご存じない方がほとんどのようです。
日本でお生まれの方(特別永住者)は特にその傾向が強いようです。

もし帰化申請の手続きをされたり、韓国から書類を取寄せたりする場合は、ご本人とご両親の本籍地がどこにあるかという情報が必要となります。

本籍地は、必ず○○番地まで調べる必要があります。
一部サイト等で、○○番地まで調べなくとも「○○里」ぐらいまで調べれば書類の取寄せができるかのように書かれているサイトも見受けますが、それは本人が過去にパスポートを発行したことのある韓国領事館のに出向き、直接窓口で交渉するなど一定の条件下でのお話しです。
原則としては、やはり本籍地は○○番地まで判明しなければ書類の取寄せは出来ません。

とは言え、今までご自身やご両親の本籍地を意識することなく生活をされてこられた方も多数いらっしゃると思いますので、ここで韓国の本籍地の確認方法をいくつかご紹介したいと思います。


1.古い戸籍謄本
ほとんどの方の場合、この方法で確認することが可能です。
ご家族・ご親族の方で、どなたか古い戸籍謄本などを持っていらっしゃらないでしょうか?
そこにご本人とご両親が載っていればOKです。

この「古い戸籍謄本」は、ご親族の方でも特に
@ 結婚したことがある人
A 帰化申請したことがある人
B パスポートを持っている人
は持っておられる可能性が非常に高いです。

韓国書類の取り寄せをお申し込みされる場合は、かなり古いものやコピーでも大丈夫ですので事前にご用意下さい。
(韓国語で書かれているものでも構いません)


2.家族関係証明書
ご結婚されたことのある方、または帰化申請をされたことがある方は、必ず一度は取り寄せをしているはずです。
ご両親や兄弟姉妹さんでそのような方がいらっしゃる場合には控え(コピー)等が残っていないか確認してみましょう。


3.国民登録手帳
国民登録手帳という、緑色の小さい手帳をお持ちでしょうか?
この手帳には、本籍地(登録基準地)が書いてある可能性が高いです。
できればご両親の分まで確認しましょう。


4.ご両親の婚姻届
ご両親が婚姻届出をされた市区町村役場で、ご両親の婚姻届記載事項証明書を入手して下さい。
この時、必ず「添付資料も下さい」という請求をしましょう。
運が良ければ添付資料にご両親の当時の戸籍謄本が入っています。


5.民団
地元の民団に直接聞く、という方法もあります。
但し、手数料や団費を請求される場合があります。
 
帰化条件相談 とりあえず費用の見積りしてもらう
 
帰化にかかる費用 料金表を見る
 
帰化無料相談 メールや電話で質問する
 
帰化サポートご依頼 すぐに依頼する
 


西村法務事務所TOP 株式会社設立 合資会社設立 古物商 古物商.com
産業廃棄物収集運搬業許可 帰化申請 帰化申請.net 韓国戸籍 クーリングオフ