13種類から選べます

一口に古物商と言っても、取り扱う商品によって商売の形はさまざまです。

法律では以下のように13種類に分類されています。



美術品 絵画・版画・骨董品・アンティーク物など
衣類  古着・着物・小物類・子供服など
時計・宝飾品 時計・宝石・アクセサリーなど
自動車  4輪自動車・タイヤ・部品など
 自動二輪・原付 バイク・タイヤ・部品など
自転車 自転車・タイヤ・部品など
写真機 カメラ・レンズ・双眼鏡・望遠鏡など
事務機器 パソコンとその周辺機器・コピー・ファックス・ワープロ・電話機など
機械工具 工作機械・土木機械・電気機械・各種工具など
道具 家具・スポーツ用具・ゲームソフト・レコード・CD・DVD・日用雑貨など
皮革・ゴム製品 バッグ・靴など
書籍 いわゆる古本
金券 商品券・航空券・高速チケットなど

許可申請時には、上記の中から
メイン(1種類のみ)とサブ(何種類でも)を選択することが可能です。

メインで選択したカテゴリーがその古物商の分類となるので、例えばメインを「自動車」に選んだ場合には、サブに何を選んだとしても「自動車商」という扱いになります。(サブに選んだ品目も売買できます)

当事務所の古物商サポートでは、
何種類申請して頂いても料金の追加は一切ありません

関連ページ