【韓国籍の方の遺族年金について】

配偶者が亡くなると遺族年金が受け取れますが、故人様が在日韓国人の方の場合は手続きが少し違います。

そのあたりを解説して行きます。

【目次】


遺族年金とは
遺族年金の種類
誰が遺族年金を貰える?
遺族年金の手続きに必要な書類
遺族年金請求書の提出先

韓国人の相続手続きサポート

【遺族年金とは】 

遺族年金とは、家族の生活を支えていた人(いわゆる大黒柱)が亡くなった時、国民年金や厚生年金に加入していた方であれば遺族が貰えるお金の事です。

故人様の職業、加入期間、報酬、遺族の年齢、続柄、生活状況などによって貰える遺族年金の額は大きく変わってきます。

【遺族年金の種類】 

日本の年金制度は「2階建て」といわれますが、遺族年金についても例外ではありません。
遺族年金についても、1階部分となる国民年金「遺族基礎年金」と2階部分となる厚生年金「遺族厚生年金」があります。

いわゆる会社員や公務員(以下会社員等とする)は2階建ての年金制度に加入していることになるため、一定条件を満たせば「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の両方を受給できる可能性があります。

【誰が遺族年金を貰える?】 

では、遺族年金を受給できる条件はどうでしょうか?
条件や金額は非常に細かい規定がありますので、ざっくりとまとめてみました。

1階.遺族基礎年金(国民年金部分)

遺族基礎年金は、
国民年金加入中の方が亡くなられたときで、その方によって生計維持されていた「18歳到達年度の末日までにある子(障害の状態にある場合は20歳未満)のいる配偶者」または「子」が受けることができます。
(条件を満たしていても保険料の滞納などがあれば貰えない可能性もあります)

2階.遺族厚生年金(厚生年金部分)
遺族厚生年金は、
会社員や元会社員であった人で一定条件を満たしている場合や、亡くなった人が1級または2級の障害厚生年金を受給していた場合に支給されます。
遺族厚生年金の受給資格者は、遺族基礎年金に比べると範囲が広いです。
(年齢制限等の条件があります)

【遺族年金の手続きに必要な書類】 

在日韓国人の方の場合、遺族年金の手続きに必要な書類は日本人の方とは多少違います。

年金請求書
年金手帳(故人様、遺族様)
年金証書(故人様が年金受給中の時)
世帯全員の住民票
故人様の住民票の除票
死亡診断書、死体検案書等
預金通帳(受取人)
遺族様の所得証明書又は源泉徴収票
配偶者である事の証明書類(翻訳含む)
親子関係を証明する書類(翻訳含む)
その他年金事務所が求める書類

故人様が在日韓国人の方であった場合に問題となるのは、
配偶者である事の証明書類と親子関係を証明する書類です。
の部分です)

これは基本的には、韓国領事館で入手する「家族関係証明書」や「婚姻関係証明書」と、それぞれの日本語翻訳文である事が多いです。
さらに、韓国側への死亡申告の手続きをした上で「基本証明書」とその翻訳文も要求される場合があります。
また、ケースによっては故人様の出生時~死亡時までの韓国戸籍を全て求められるケースもあります。

韓国の書類は年金事務所の担当者の判断によって必要なものが変わってきますが、担当者が韓国戸籍の書類についての知識が無い事が多く、
知識の無い担当者と知識の無い遺族さんがいくら話しても、どんな韓国書類が必要か良く分からないという事態に陥る事が非常に多いです。

そのような場合は、当事務所から担当者に直接電話をし、具体的な必要書類の確認をさせて頂いております。(無料です)
ぜひご利用下さい。

【遺族年金請求書の提出先】 

遺族年金請求書の提出先は、基本的には住所地の市区町村役場の窓口になります。

但し、死亡日が国民年金第3号被保険者期間中の場合は、お近くの年金事務所または街角の年金相談センターになります。

【韓国人の相続手続きをサポート】 

当事務所では、在日韓国人の方の相続手続きをトータルにサポートさせて頂いております。

詳しくは、在日韓国人の相続の流れをお読み下さい。

【あなたに必要なサポートは?】


韓国書類の取寄せと翻訳が必要な方

翻訳のみ必要な方

相続用の戸籍が必要な方

帰化をしたい方

韓国籍が抜けているか確認したい方